カテゴリ:原発地域の動物云々( 10 )

パネル展示終了のご報告&預かり猫の話

e0338864_15380440.jpg

たまゆらんさんにて開催しておりました
「災害による動物たちの受難・パネル展」
無事に終了いたしました。

お越しいただいたみなさま
ご協力いただきました、たまゆらんさん
案内ハガキを置かせてくださった、店舗様方々
パネルを貸していただきましたエンジェルズさん

本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

ちょうどのらねこ相談が多く
在廊時間が少なかったので反省しております。
まちねこいずむに会いに来てくださったのに
私がいけない、なんてこともありました。
申し訳ございません。

今後、また違う企画等考えておりますので
よろしくお願いします。



そして。


e0338864_00162517.jpeg
でん。

e0338864_00160334.jpeg
ででん。


ミイちゃん、男の子。
エイズ陽性。10歳くらい。
人慣れ○
猫慣れ特訓中。

わたしの友人宅で預かっていただいています。

健康診断等、いろいろ見極めてからの
里親さん募集開始となります。

以後、お見知りおきください。

e0338864_00205336.jpeg


056.gif 056.gif 056.gif 056.gif 056.gif 056.gif

2016年度、活動開始!



……………なんですが
まだまだ準備できてないこと多々。
出来次第、
みなさまにお知らせします。

今年度も、のらねこ相談、します。
もちろん、相談料無料。
開催日を増やし
開催場所も増やします。
誰も来なくても待つ、ということをしていきます。

合わせて、捕獲・手術依頼の受付も
いままで同様行いたいます。
もちろん、諸条件アリ。


あとは、猫トーークが新装開店!
そして、もういっちょ定期イベント開催。

忙しくて目が回りそうです。
(´-`).。oO(すでにまわっている…

また、お手伝い等、していただける方いらっしゃいましたら
よろしくお願いします!

まちねこいずむ拝

[PR]
by machinekoism | 2016-04-01 00:09 | 原発地域の動物云々 | Comments(0)

「のこされた動物たち」写真展に行った話

写真家の太田康介さんの写真展に行ってきました。


e0338864_16354301.jpg


本当はね、16日の報告会に参加したかったのですが


まちねこいずむ番外編が思ったより長引いて
当日はあきらめました。

そして、どうしても太田さんに伝えたかったことがあったので
急きょ、エリザベス号を飛ばして行ってきました。

※写真OKもらったのでちょっとずつ掲載します。


以前、んーーー。
たぶん去年やったと思うんですけど
三条寺町上がったところのギャラリーで
太田さんの同様の写真展へ出向いたことがありました。

あのときは、まだまだわたしも純粋やったのかなぁ
くるみちゃんの写真見て
倒れている牛を見て
涙堪えるのに、必死でした。


昨日は、なんというか
冷静に見た、というか
ああ、まだこんな状態かって思ってみてました。

ぶっちゃけ。
慣れって怖いなぁと思った。


庭の鎖につながれたまま死んだ犬。

猫のミイラ。

死んだ牛を食べて生き残るほかの動物たち。
e0338864_16354339.jpg

e0338864_16354318.jpg


震災が起きてから、
たくさん動物関連に携わってきました。

もうね、3年ですよね。
でもね、まだ全然なんですよね。

太田康介さんのブログ読んでみてください。


いまでも一生懸命原発に近い区域の猫を
生かそうと必死になっている人たちがいる。

それだけで、胸打たれませんか?
それとも、自分は幸せだからどうでもいいですか?


なんかね、住む世界がね違う人が多すぎる気がする。
温度差ってやつ。

わたしは関西に住んでいるから余計かもやけど
まわりはもう、震災忘れているよ。
そんな雰囲気です。

でも、太田さんのブログ見てるとね
まだまだ必死で生きようとしている猫
猫だけじゃなくイノシシも、
交配しちゃったイノブタも、
アライグマも、タヌキも。
みんな生きてるの、増えているの。
e0338864_16354397.jpg



増やした原因はなに?
生かして減らそうとしなかったのは誰?

もう、本当にああいう写真と
太田さんの一言ずつを読んでたら
怒りというより、疑問が湧きあがる。

e0338864_16354333.jpg

e0338864_16354304.jpg


もともとね
わたしは、こういう写真展は
わたしみたいな個人活動家とかじゃなく
ふっつーの人、家庭抱えてるご主人とか
子ども連れのお母さんとか
感受性の強い小学校高学年~中学生くらいとか
どんどん見てほしいと思ってました。

もちろん、それは今でも思ってる。
しかも、昨日実際に家族連れが多かったと思う。

せやけどね
わたしらみたいに毎日がむしゃらに走り続けてる
個人活動家も、愛護団体に携わっている人も
おんなじように、こうやって
定期的に、大事な大事な写真を見ることで
あの辛さを思い出して
再度奮起すべきじゃないのかなぁと思いました。


って、勝手な言い分。


とにかく。


震災はまだ終わってない。
ずっと震災なのです。

それがすごくわかった写真展でした。




追記:知恩院さん、金持ってんなー!←
お手洗いが高級ホテル並みのきれいさでした!
(嫌味です)

e0338864_16354371.jpg






まちねこいずむホームページ
まちねこいずむFacebookぺージ


人気ブログランキングへ
e0338864_16353877.gif

ランキング参加始めました!ぽちっとよろしくお願いします!
[PR]
by machinekoism | 2013-11-21 17:05 | 原発地域の動物云々 | Comments(2)

どうぶつ救援本部 : 緊急災害時動物救援本部の話1



あまりにも活動が疎かに思えたので
9/29にメールで問い合わせしてみました。

モモ1
「救援物資等が具体的にどこの場所へどれだけ運ばれているか
画像や一覧等でHP上で公表していただけませんか?」

モモ2
「原発近郊の動物保護について
現時点で、収束・安心されているとは思われません。
いったい、どのような方々がどのような方法で保護されているのか
具体的にお聞かせ願いたいです。」


10/1、どうぶつ救援本部 の
広報担当者(名前は控えます)から返事が来ました。

*******以下転載*******

救援物資の配送先及びその量については、
救援団体或いは被災者個人の方からの要請に従い、
順次、配送を行っております。

配送先及び配送量についての細かな把握は出来ておりません。
ご了解ください。(モ:ご了承できません)

他方、義援金の分配先及び分配額については、
当然のことながら、精査した上で分配しております。
(モ:ホンマかいな)
第1次分配先については、
既にHP上に救援団体名を掲載しておりますが、
第2次分配先についても、近日上にHP上で公開します。
(モ:配分日程が知りたいねん、にしても対応遅くないか?)

また、それぞれの分配先については、今後
団体名のみならず所在地、分配額についても公表する予定です。
(モ:だからはよせえって)
  
なお、各分配先には、活動報告の提出を求めており
頂いた報告からトピックを抜粋して、順次掲載して参りますので
ご覧下さい。

原発近郊においては、環境省の指導のもと、
獣医師及び動物看護のプロである救援本部のスタッフが、
自らの健康と安全を自己管理しながら、
できうる限りの救助活動を行っています。
救助された動物の保護・預かりについては、
HP上に掲載している義援金の分配先の団体及び
救援本部の管理・運営するシェルターにおいて行っています。

詳しくは「よくある質問」の項にて説明をしています。ご参照ください。
(モ:読んでも分からんから聞いとんねん)

取り急ぎご報告まで。
ご理解のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

*******ココマデ*******

ちょいちょいツッコミ入れてみました。
とりあえず、ツッコミ処については
いまから返信して聞いてみようと思います。

わたしは、アホなので
そもそも「緊急災害時動物救援本部」と
「どうぶつ救援本部 」の違いとかも
分かっていません。
一般の方は分かっておられるのですか?

わたしだけかもしれませんが
「動物看護のプロ」が「動物保護」ができると
お思いなのでしょうか。

だから広報担当ではなく責任者と話がしたいんですよね。
しかも返事くれはった人は
どうぶつ救援本部の人です。
緊急災害時なんちゃらの人ではない。

それについても聞いてみたい。
事務所を訪れていいのであれば
月末東京に行った際に詳しく聞きたい。

マジラチあかんでしょう。

続く。
[PR]
by machinekoism | 2011-10-06 11:14 | 原発地域の動物云々 | Comments(4)

【講演会】福島原発事故の現状@大阪

福島復興調査団

のHP記事を転載します。





大阪講演会のお知らせ



テーマ :東京電力福島第一原発事故 『放射能問題の現状と今後』

     ~何が起きたのか?これから何が起きるのか?~

     放射能・動物・法律の専門家が、福島で今、問題になっている放

     射能問題、警戒区域に取り残されている動物の問題をお話します

     放射性物質による汚染が問題になっている畜産の現状と今後を実

     際に地元に入り測定されている柿崎先生より、また、警戒区域内

     の家畜や犬やねこをはじめとする被災動物たちについて、許可を

     得て警戒区域に入り、レスキュー活動も行った今本先生から福島

     の被災動物の現状と今後をお伝えいただきます。こういった人災

     による犠牲や、さまざまなトラブルを防止するためにも動物愛護

     管理法の法改正の検討が進められていますが、その法改正につい

     て細川先生にお話しいただきます。質疑応答の時間もありますの

     でぜひご参加ください。







講 師 :柿崎 竹彦(獣医師、獣医学博士)

     今本 成樹(獣医師)

     細川 敦史(弁護士)

     



日 時 :平成23年8月28日(日)午後1時30分 ~ 4時30分



場 所 :大阪国際交流センター(小ホール)ホームページ



料 金 : 1,000円







参加方法:平成23年8月27日(土)までに、人数と氏名(複数人の場合は代表者名)をお知らせください。

料金のお支払いは当日現地でお受けします。







*********************



どなたか行かれる方いませんか?

わたしは行くんですよ。

初めての講演会参加なので、ドキドキです。
[PR]
by machinekoism | 2011-08-28 00:13 | 原発地域の動物云々 | Comments(0)

【編集済】被災した動物を助けるために その1

原発近くの動物救護がやっと始まりました。





それも大事なことで、数名の政治家のみなさんが


力を出されていると思うので


引き続き、精一杯応援していこうと思います。





それと並行して


保護されたほうの動物が


どこにどのこが保護されているか


被災者の飼い主の皆さんが把握する必要があります。





民主党の玉木雄一郎先生にもツイートしたのですが


きっとそこまで手が回らないであろうと思っています。





(もちろんすぐ手を打ってくださったらそれに越したことはありません!)





そこで、


民放各社へメディアを通じて


保護された動物を放送してもらえないか、要望してみようと思うのです。





地震発生直後に


人の安否確認の放送をされていたので


今度は動物もすべきでしょう。





日本は、残酷すぎます。


自分の勝手でペットを飼い


モノ扱いし


挙句、こういう事態になったら放ったらかし。





そんなことは、同じ人間として放っておくわけにはいきません。





賛同していただける方、ぜひよろしくお願いします。


わたしは関西人なので、関西ローカルにも連絡してみます。





(本当のところ、NHKが各放送局をつかってするのがベストだと思ってるんですが・・・)





***PCから***





フジテレビ







日テレ







TBS







テレ朝







テレ東







テレビ局一覧










***携帯から(すみません、当方ドコモユーザなのでドコモで検索しました)***





フジテレビ






NHK







日テレ






テレ朝







TBS







テレ東







地方局一覧










***おまけ(以前にもリンク貼っているところです)***





TBS「NEWS23」取材依頼






日テレ「ZERO」情報提供









日テレ「ZERO」ご意見







日テレ「スッキリ!!」ご意見







日テレ「スッキリ!!」FAX↓


03-3573-5021


(放送日(月~金)の8時から20時まで受付 )














やらへんよりもやるほうがいいと思って。
[PR]
by machinekoism | 2011-05-11 15:37 | 原発地域の動物云々 | Comments(0)

福島県にいる動物が保護されているけど、の件。

やっぱりわたしは
動物を置いてくる心情がわからない。
誰に何を言われようと、わたしなら絶対に離れない。

たら、れば、の話は
しても反感を買うでしょうが。

被災してへんのに
偉そうに、とか言われるかもやけど。


さておき。


とにかく動物を保護してる団体さんは
もちろんエンジェルズさんだけではなく
たくさんいます。

皆さん、助ける方にばかり
気がいってますが
助かってからが大変なんです。



いま、必要なのは


☆彼らのお世話する人。
 撫で続けるだけでよいのです。


☆その保護された子たちの情報をWEBで公開する人。(もちろん写真つき)


☆それを被災している人へ情報拡散する人。


☆該当被災者からの情報を速やかに団体さんへ連携し今後の策を互い知ること。



これが、
福島県にいかなくても
被災者、被災動物のためになることではないですかね?


今日はもともと
代表とわたしだけやったみたいです。

きっと行けば増えてるんやろうけど
とにかく、お金より人手です。
フードより人手です。

エンジェルズさんについて
不安な点などあるひとも
一度ワンと触れあってみてはいかがでしょうか?

絶対に考えかわるはず。


取り急ぎ、行ってきます。
[PR]
by machinekoism | 2011-05-07 08:32 | 原発地域の動物云々 | Comments(2)

福島原発20キロ圏内にいる動物を助けるために その4

連日メディアから離れているので


あまり情報に詳しくないのですが


連休中に、福島原発20キロ圏内におうちがあるひとは


一時帰宅できるの?





できるなら、そういうひとたちは


自分ちの動物以外にも


近所のどうぶつとか


近所のおうちの中に居るどうぶつを


連れて出てきてほしいです。





行政は、おうちにいるどうぶつを助けてはくれません。


おうちにいるどうぶつたちを助けたくても中に入れない


団体の方が大勢いらっしゃいます。





唯一入れる方々に


命を救っていただきたいと思っています。





今回のチャンスを逃したら


次、いつ入れるのか


そのときにはすでに辛い動物たちを救うことはできません。





今回中に入れなくても


近くに行って名前を呼んだりするだけでも


わんこう、にゃんこうなら


出てくるかもですよ!


だって、ずっと家族を待ってるんだよ!





誰もかれも諦めないでほしい。





今回入れないひとたちの家族も救ってほしいです。


救うことが被災者(人間)を救うことになります。





人間を救うために動物を救う。





なんて身勝手なことだって思います。








けど、背に腹は変えられへん。


せめて、ごはんをたらふく置いてきてほしい。

ドックフードでもいいから

大量に置いてきてほしい。



そうすれば、生き残れる牛も馬も豚もいる。








どうかどうかどうか、


このブログの思いが


多くの福島原発20キロ圏内におうちがあるひとに


伝わりますように。
[PR]
by machinekoism | 2011-05-02 00:26 | 原発地域の動物云々 | Comments(0)

福島原発20キロ圏内にいる動物を助けるために その3

4月29日13:40更新。


南相馬市の方から苦情いただきましたので
南相馬市の電話番号を削除しました。

「被災地の行政を麻痺させてしまうため」だそうです。


私のブログの影響力が
そんなにあるとは思いませんが
取り急ぎ、消しました。

わたしが記載しなくても
個々に調べて電話しておられる方も
いらっしゃると思います。


すべては自己責任だと思ってます。

話し中なら控えるとか
常識の範囲内で…な感じです。



************


少し進んだけどまだまだです。


もうひと頑張り。いち踏ん張り。


みんなで一人1通ずつでもエラい数になると思います。


どうかどうかどうか、命が救われますよう。











福島県知事へのメール↓


chijikoushitsu@pref.fukushima.jp





田村市長へのメール↓


koshitsu@city.tamura.lg.jp



川内村へのご意見↓


https://secure.multi.ne.jp/kawauchi/site/inquiry.php


携帯から行けてもみられない?かも?



葛尾村役場↓


http://www.katsurao.org/forms/acceptform/acceptform.aspx?div_id=782



葛尾村会津坂下出張所↓

ファックス 0242-83-0278



葛尾村役場 メール↓


hp@vill.katsurao.lg.jp








TBS「NEWS23」取材依頼↓




news23x@best.tbs.co.jp








日テレ「ZERO」情報提供↓


https://app.ntv.co.jp/myntv/sys/enquete/input/?enquete_id=77





日テレ「ZERO」ご意見↓


https://app.ntv.co.jp/myntv/sys/enquete/input/?enquete_id=95





日テレ「スッキリ!!」ご意見↓


http://www.ntv.co.jp/sukkiri/form-all/popup.html





日テレ「スッキリ!!」FAX↓


03-3573-5021



放送日(月~金)の8時から20時まで受付
[PR]
by machinekoism | 2011-04-29 00:45 | 原発地域の動物云々 | Comments(0)

福島原発20キロ圏内にいる動物を助けるために その2

先ほど、色々載せてしまいましたが


やはり、署名サイトは特にPC用にしか作られていないようです。





だので、PC未所有の方は


直接主要人に掛け合っていただくのがベストだと思います。





特に、被災された方で現在落ち着いておられる方。


ご協力お願いしたいと切に願います。





わたしは京都市在住で、被災していません。


0%効果がないとは言いませんが、やはり被災された方のお声のほうが


政府に届くと思うのです。





どうかどうかどうか


いまある命をみなさんで救う努力しませんか?





取り急ぎ、出来る範囲で携帯動作環境を調べました。





****↓ドコモP-02Bで調査した結果↓*****





環境省→https://www.env.go.jp/moemail/





首相官邸→https://www.kantei.go.jp/k/iken/im/goiken_ssl.html?guid=ON





原子力安全保安院→表示がおかしいですが、何とか入力できます。


              モバイル版には、意見言える場所ありません。


国家公安委員会→モバイルサイトなし。PC版はなんとかみられる。










取り急ぎ、ここまで。



[PR]
by machinekoism | 2011-04-27 12:20 | 原発地域の動物云々 | Comments(0)

福島原発20キロ圏内にいる動物を助けるために


人さまのブログからコピペしました。

携帯から活動されたい方は下記に直接電話できるところや

メール送信できるところを記載しています。

きっとみんなしてると思うけど

みんなしてるから、わたしだけいいわ、なんて思わずに

「みんな」で助けられるよう、努力しませんか?



******************





今すぐ署名を!!(英語ページですがフォームから簡単に送信できます)








注目して下さい!!













動物好きの人も、動物嫌いな人も、とにかく命のために力を借してほしい。

そんな事態が今、福島で発生している。





原発周辺は今、法的に立ち入りが禁じられている封鎖地帯だ。

しかしそこにはまだたくさんの動物達が取り残されている。

食べ物もなく、牛や豚やニワトリたちが次々と倒れて死んでいく。

犬や猫は生き延びるために共食いをはじめている。こんな地獄を放置してはいられない。





一刻も早く、とにかく全ての動物達を立入禁止区域の外に出し、

必要な保護を与えることが第一だ。そのための緊急要請を、みんなに手伝って欲しい。




  • 現地で動物救護に当たっている人達(民間ボランティア)の警戒区域内への立ち入りを認めてもらいたい。




  • 民間人が立ち入れない3km圏などの区域の動物には、自衛隊などによる給水・給餌・救出活動を実施してもらいたい。




  • その他の民間人の活動が認められない区域についても、警察官・自衛官をはじめとする公務員による救出活動を実施してもらいたい。




  • 係留されている、放浪状態にあるなどの状態で動物を区別せず、全てを救出対象として扱ってもらいたい。




  • 行政上の担当が異なる家畜とペットを区別せず、全てを救出対象として扱ってもらいたい。




  • 救出された動物の治療や保護を行う場所の確保、飼い主さんへ引き渡し後の避難所や仮設住宅における動物との同居支援に特段の配慮をしてもらいたい。





などなど、要望事項は尽きないが、とにかく相手は生き物、一刻も早く手を打たないと死んでしまうということ。その緊急性を訴えかけて欲しい。







【要請先一覧】(修正・追加等あればご連絡下さい)



◆行政機関













◆原子力被災者生活支援チーム(4/25 16:25追加)


原発区域のペットについて、第一義的な対応窓口は「原子力被災者支援チーム」が被災者の身の回りの問題対応の一環として対応しています。


緊急災害時動物救援本部と相談しながら、スクリーニングの方法やペットをもちかえった場合の扱い等について議論し方法を決めているとのこと。


チームを構成する議員にも要望を届けてください。





【原子力被災者生活支援チーム】


・「平成23年(2011年)福島第一及び第二原子力発電所事故に係る原子力災害対策本部」の下に設置


・事務局は原子力災害対策本部事務局を拡充


・設置場所は当面経済産業省庁舎内の、原子力安全・保安院







  • [チーム長(経済産業大臣)]


    海江田万里(かいえだ・ばんり)


    民主・東京1区


    衆議院第一議員会館609号室


    TEL03-3508-7316


    FAX03-3508-3316


    office@kaiedabanri.jp




  • [チーム長代理(内閣官房副長官)]


    福山哲朗(ふくやま・てつろう)


    民主・京都


    参議院議員会館808号室


    TEL03-6550-0808


    FAX03-6551-0808


    kokkai@fukuyama.gr.jp




  • [事務局長(経済産業副大臣)]


    松下忠洋(まつした・ただひろ)


    国民新・鹿児島3区


    衆議院第一議員会館905号室


    TEL03-3508-7146


    FAX03-3508-7546


    info@matsushita-tadahiro.jp










★警戒区域の市町村


にゃんにゃものブログ

」より転載(4/23 16:03追加)---ここから


2011/04/21 23:58


市町村長が認めれば立ち入り可能とのことなので、

全域避難以外の対象の6市町村の連絡先を調べました。





※浪江町役場のHPに「現在電話が繋がりにくい状況」とあるように、

大変な時期なので業務の迷惑にならないように

動物レスキューの要望を出す場合にはメールかFAXにしたほうが良いと思います。










にゃんにゃものブログ

」より転載(4/23 16:03追加)---ここまで






◆東京電力


  • 本店 〒100-8560 東京都千代田区内幸町1丁目1番3号


    TEL 03-6373-1111(代)


    昼間の連絡先 下記ページより担当区域のカスタマーセンターを検索


    http://www.tepco.co.jp/info/custom/center/index-j.html




    夜間の連絡先 03-3501-8111








◆行政機関の長


  • 環境大臣/内閣特命担当大臣(防災担当)


    松本龍(まつもと・りゅう)


    衆議院第二議員会館511号室


    TEL 03-3508-7616


    FAX 03-3593-7266


    h04336@shugiin.go.jp


    http://m-ryu.com/mailform.html





  • 農林水産大臣


    鹿野道彦(かの・みちひこ)


    衆議院第一議員会館310号室


    TEL 03-3508-7205


    FAX 03-3508-3205


    m-kano@ma.catvy.ne.jp




  • 経済産業大臣


    海江田万里(かいえだ・ばんり)


    衆議院第一議員会館609号室


    TEL 03-3508-7316


    FAX 03-3508-3316


    office@kaiedabanri.jp




  • 防衛大臣


    北澤俊美(きたざわ・としみ)


    参議院議員会館312号室


    TEL 03-6550-0312


    FAX 03-6551-0312


    http://kitazawa.tsukaeru.info/page/iken.htm





  • 国家公安委員長


    中野寛成(なかの・かんせい)


    衆議院第2議員会館421号室


    TEL 03-3508-7411


    FAX 03-3508-3891








◆民主党








◆民主党動物愛護管理法改正を検討する議員連盟


  • [顧問]


    小沢一郎(おざわ・いちろう)


    衆議院第一議員会館334号室


    TEL 03-3508-7175




  • 鳩山由紀夫(はとやま・ゆきお)


    衆議院第一議員会館334号室


    TEL 03-3508-7334


    FAX 03-3502-5295




  • [会長]


    松野頼久(まつの・よりひさ)


    衆議院第二議員会館240号室


    TEL 03-3581-5111(内線:7240)


    FAX 03-3508-8989


    ymatsuno@trust.ocn.ne.jp




  • [副会長]


    細野豪志(ほその・ごうし)


    衆議院第一議員会館620号室


    TEL 03-3508-7116


    FAX 03-3508-3416


    hosono@goshi.org




  • [事務局長]


    岡本英子(おかもと・えいこ)


    衆議院第1議員会館615号室


    TEL 03-3508-7185


    FAX 03-3508-3615


    info@okamoto-eiko.net




  • [幹事]


    福田衣里子(ふくだ・えりこ)


    衆議院第一議員会館619号室


    TEL 03-3508-7208


    FAX 03-3508-3208


    http://www.eriko-fukuda.com/contact/









◆民主党犬・猫等の殺処分を禁止する議員連盟


  • [会長]


    城島光力(じょうじま・こうりき)


    衆議院第一議員会館1112号室


    TEL 03-3508-7712


    FAX 03-3508-3241


    http://www.jojima.net/message.htm





  • [事務局長]


    生方幸夫(うぶかた・ゆきお)


    衆議院第一議員会館1104号


    TEL 03-3508-7514


    FAX 03-3508-3944


    zxe04624@nifty.ne.jp








◆自民党ご意見ページ










◆公明党ご意見ページ










◆その他の政党・政治家

(→被災地動物情報のブログ|各政党と福島県出身の議員さん一覧)(4/24 09:45追加)





◆動物愛護週間中央行事実行委員会構成団体(地域団体を除く)(4/23 18:05追加)


(苦情を寄せる先ではありませんので、直接の電話は避け、私達の声を政府や県、市町村などに向けて代弁して欲しい旨をお願いしてみて下さい)




  • (財)日本動物愛護協会


    (緊急災害時動物救援本部事務局)


    〒107-0062 東京都港区南青山7-8-1 南青山ファーストビル6階


    TEL 03-3409-1822


    FAX 03-3409-1868


    HP→http://www.jspca.or.jp/





  • (社)日本動物福祉協会


    (緊急災害時動物救援本部構成団体)


    〒141-0031 東京都品川区西五反田8-1-8 中村屋ビル4階


    TEL 03-5740-8856


    FAX 03-5496-0930


    HP→http://www.jaws.or.jp/





  • (公社)日本愛玩動物協会


    (緊急災害時動物救援本部構成団体)


    〒160-0016 東京都新宿区信濃町8番地1


    TEL 03-3355-7855


    FAX 03-3355-7880


    協会HP→http://www.jpc.or.jp/index.html




    緊急災害時動物救援本部事務局HP→http://www.jpc.or.jp/saigai/




    jpc@mb.infoweb.ne.jp




  • (社)日本獣医師会


    (緊急災害時動物救援本部構成団体)


    〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館23階


    TEL 03-3475-1601


    HP→http://nichiju.lin.gr.jp/




    ご意見募集→https://seo.lin.gr.jp/nichiju/opinion/opinion_form.php





  • (社)日本動物園水族館協会


    〒110-8567 東京都台東区台東4-23-10ヴェラハイツ御徒町402


    TEL 03-3837-0211


    FAX 03-3837-1231


    HP→http://www.jazga.or.jp/





  • (社)日本新聞協会


    〒100-8543 千代田区内幸町2-2-1


    TEL 03-3591-4401


    FAX 03-3591-6149


    HP→http://www.pressnet.or.jp/





  • (社)日本雑誌協会


    〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1丁目7番地


    TEL 03-3291-0775


    FAX 03-3293-6239


    HP→http://www.j-magazine.or.jp/









◆同協賛団体(4/23 18:05追加)


(苦情を寄せる先ではありませんので、直接の電話は避け、私達の声を政府や県、市町村などに向けて代弁して欲しい旨をお願いしてみて下さい)






  • 日本放送協会


    放送センター 〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1


    TEL 03-3465-1111


    福島放送局 〒960-8588 福島県福島市早稲町1-2


    TEL 024-526-4333


    ご意見・お問い合わせ→http://www.nhk.or.jp/css/?from=tp_af91





  • (社)ジャパンケネルクラブ


    〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-5


    TEL 03-3251-1651~1656


    FAX 03-3251-1659


    HP→http://www.jkc.or.jp/





  • (社)ペットフード協会


    〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-3-16 千代田パリオンビル9階


    TEL 03-3526-3212


    FAX 03-3526-0270


    HP→http://www.petfood.or.jp/





  • (社)日本ペット用品工業会


    事務局 〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町48 ヤマダビル3F


    HP→http://www.jppma.or.jp/index.php




    問い合わせフォーム→http://www.jppma.or.jp/contact/index.html





  • 優良家庭犬普及協会


    神奈川県横浜市都筑区中川中央1丁目22-5 グレイスコート302号室


    TEL 045-912-8791(日曜祝日を除く平日9時から18時)


    FAX 045-912-8795


    info@cgcjp.com


    HP→http://www.cgcjp.net/









◆農業・畜産・酪農・養豚・養鶏関連団体(4/23 19:20追加)


(苦情を寄せる先ではありませんので、直接の電話は避け、私達の声を政府や県、市町村などに向けて代弁して欲しい旨をお願いしてみて下さい)










◆福島県内の新聞社・放送局(4/23 20:35追加)


(苦情を寄せる先ではありませんので、直接の電話は避け、私達の声を政府や県、市町村などに向けて代弁して欲しい旨をお願いしてみて下さい)























参考にしてほしい、あるいはアクセスしてほしいサイト(修正・削除・追加等あればご連絡下さい)


※各省庁宛の要請文例などもこれらのサイトから得られます










情報は随時Twitterで流されているので、ハッシュタグ #311pet

#311animal

などで追ってほしい。



たかが動物、ではない。動物の命を見殺しにする国は、人間の命も見殺しにする。そんなことは絶対にさせられない。


被災者の皆さんにとって、動物もかけがえのない家族です。その心情において、人の命も動物の命も重さは変わりません。一刻も早く、一匹でも多く救い出しましょう。命を尊ぶ皆さんの心だけが頼りです。
[PR]
by machinekoism | 2011-04-27 11:48 | 原発地域の動物云々 | Comments(0)

京都市で飼い主の居ない猫を避妊去勢手術をして減らしていきましょう、と広報しています


by まちねこいずむ
プロフィールを見る