<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

拡散希望:大阪府が動物愛護団体ANGELSを団体譲渡を不可扱いとした

エンジェルズ代表のブログを転載します。


************ココカラ*************




このたび、大阪府犬管理指導所が管轄する犬の団体譲渡申請に基づき、
必要書類を提出し、大阪府は大阪府内にあるエンジェルズ大阪支部の飼養管理場所の確認を行いました。
後、大阪府犬管理指導所の管理元の大阪府は、団体譲渡を不可扱いとしました。

先日、不許可扱いとなった理由について、大阪府の食の安全課流通監視グループ、加藤敦グループ長と話し合ったところ、
今回、団体譲渡の具備用件は備えているが、
過去の問題から、今回は見合わせて頂きます。との事でした。
いわゆる団体譲渡先としては受入れられないとの事です。

私と大阪府の譲渡事業に参加できない理由についての会話は、以下の通りのやり取りでした。
加藤氏「団体としての内容については問題はないが、過去の経緯から、今回、見合わせて頂きたい。
大阪府下の個人でならご協力はお受けしますが、団体としてはお受け出来ない」との事。

私「1頭でも救える命があれば、救いたいから団体として申請したのだが、どうして救えるようにできないのか」と詰め寄ったが、
「あくまで大阪府の事業の一環なので、過去の問題が影響してお受けできない。」との一点張りだった。

過去の問題と言うのは、ブルセラ症事件
であるが、
あくまで大阪府の事業であるから、断るというのだ。

それ以外にも、去年9月の「東大阪レスキュー事件」では、行政(大阪府、東大阪市)に対して、
劣悪環境下で飼育していたブリーダーを「動物虐待」「狂犬病予防法違反」で告発し、
行政機関に対して、職務怠慢と劣悪施設及びブリーダーの監督指導が不適切で甘いなどの
抗議を行い、
「刑事訴訟法239条2項 官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない。」
とあり、行政の怠慢もしくは義務違反に該当します。と知事あてに通告を行った。
この件等で、抗議活動を行ったとして、今回、団体参加を拒まれたのだ。

この東大阪レスキュー事件
は、1年後の本年8月31日に起訴処分となった。
この結果からしても、大阪府、東大阪市は動物虐待を看過していた事になります。
民間の動物愛護団体が告発しなければ、事件にもならず、多くの犬猫が救えず、死に至っていた可能性があるのだ。
業者に対して厳しく指導を行わなかった為に、尊い小さな命が闇に葬られてきたのだ。


過去の因縁があろうとも、救える命があるのであれば、
私は、拘りを捨て、救いに行くのが本来の愛護活動であると考えるから、
正規の手順を踏み、申請に至ったのだ。

意味合いが違うが、
昨日の敵は今日の友。的な考え方で、
救える命があるなら、過去の拘りで静観するのではなく
行動を起こすことが大事だと考える。

だが、行政は、
刃向ったり、たて突いたりした者を受け入れる考えなどは無く、救命を重視していないことが分かる。

私は、大阪府だけではなく政府であろうとも、意見を述べたり間違っている市政であれば、異を唱えるのは当然の事と考える。
その事が意に介さないというのであれば、今後、意見も言えなくなるではないか。


ブルセラ症事件は、明らかに大阪府のみの判断で、153頭もの多くの犬の命を奪った事件である。
治療をすれば治る病気であるのに、人獣感染症だということでの殺処分だった。

処分当日、多くの仲間たちと一緒にバリケードを張り、殺処分を阻止し、一時期、多くの犬たちの処分は回避できた、
かのように見えたが、
抗議と並行して裁判所へ「処分禁止の仮処分」も行い、大阪府との審尋を行っていた最中に、
突如として、5月のゴールデンウィーク連休前、4月28日午前5時の夜明けに、犬たちの殺処分を断行したのだ。

まったくの騙し討ち状態であった。
行政の暴挙である。

それも裁判所の仲裁途中の出来事だ。
裁判官は、「守るもの(犬)が存在しない状況では、仮処分申請は存続できない」為、取り下げるほかなかった。

行政ともあろう大阪府は、このような騙し討ちを行い、153頭の小さな命を奪ったのだ。

その後、各地でもブルセラ症は発症していたが、どの行政も殺処分は行っていない。


これが、過去の経緯であるが、
この過去の経緯をもってして、団体譲渡の申請を却下したのだ。
救える命が目の前にあるから、1頭でも救いたいと申し出をしている。

その昔、大阪府にたて突いたから、エンジェルズは、だめです。と言うことだ。


こちとら、過去の問題より、今、命を救うことの方が大事だろうが!!
、と吼えても
大阪府に逆らった者は、大阪府の事業には参画させない。らしい。

こんな理不尽な行政の愛護活動ってあるか!!!

国は、命あるものに救いの手を差出し、生きる機会を与えるようにと、地方自治体へおふれを出したんだ。
それでも、お上に立て付いた者には、救わせない。
救わなければ、目の前にある犬の命は、殺されるんだ。

それでも、仕方ないという。

頭、おかしいんじゃないか。

阪神大震災の時、
某ゼネコンは指名停止中だったが、政府は有事と言うことで、復興作業に参画させた経緯がある。
また、戦争が起きている国でも人命優先のため、戦いを中断させた事実もあった。
これらに比べると小さな出来事かもしれないが、私は、命を救うことは同じくらいの出来事と考えている。




4年前のブルセラ症事件
を思い起こして、
みんなで抗議運動を起こそう。

大阪府下で殺処分がゼロならば、何も言わない。
今でも大阪府では、犬猫の殺処分が行われています。
救える命があるなら、救おう。!!

このような大阪府のやり方が許されてもよいのか!!!


下記に、担当部署を掲載します。
みんなの意見をお願いいたします。



http://www.pref.osaka.jp/shokuhin/

流通監視グループ
電話:06-6944-6705、06-6944-6319
FAX:06-6942-3910
住所:540-8570 大阪府大阪市 中央区大手前2丁目 本館1階食の安全推進課
課長 山本 憲次

大阪府食の安全推進課へのお問合せ
https://www.shinsei.pref.osaka.jp/ers/input.do?tetudukiid=2008100060

グループ長   加藤 敦 (カトウ アツシ)




************ココマデ*************


わたしもすぐに意見を送りました。
動物を助けたい人がなぜ、人どうしのいざこざで
動物を無下にするんでしょう。

動物が幸せになろうとするのを阻むひとが
公務員だったら本当にこの国は終わりです。

みなさまもぜひぜひご意見を!







http://angels1947.blog104.fc2.com/tb.php/276-d8e62fd2
[PR]
by machinekoism | 2011-11-25 12:13 | 殺処分ゼロに向けて | Comments(8)

パブリックコメントの大募集【動物愛護管理のあり方について】

やっとこさ、報道発表がありました。



今回は2つのテーマです。



1)「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」に対する意見





2)「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」に対する意見







いま自分でも書いたり

みなさんへ知ってもらうために

いろいろ作ってるんですけど

なかなか進まず・・・。

(そらそうだ、仕事中だw)



取り急ぎ、ジュルさんという方のブログをどうぞ→こちら





もしかしたら、意見が違うところもあるかもしれませんが

そこは自分の意見として変えてもらってOKです。



締切が12/7(水)です。



わたしが今からやるべきことは

*自分の意見をまとめて環境省へ送ること

*Web上のみなさんへ情報拡散すること

*Web以外のみなさんへ情報拡散すること



だと思っています。



とりあえず、今から案内文を作成して

近所のお店とかに置いてもらおうと思っています。



また、それができたらアップしますので

もしご協力いただける方いらっしゃいましたら

ご連絡お願いします。
[PR]
by machinekoism | 2011-11-09 11:06 | パブコメ | Comments(0)

講演会レポート(1


2があるかはわかりませんがw


動物愛護講座@高槻市城内公民館
「人とペットの幸せを求めて!~動物会議~」


e0338864_16351608.png

e0338864_16351639.png

e0338864_16351702.png



↑もらった一部


1時間半ほど、熊本市動物愛護センター所長の
松崎正吉さんがお話してくださいました。

↓↓↓以下、要点↓↓↓

*殺処分をするのが「イヤ」だからはじめた活動。
*行政だけでは無理だと感じたので協議会設立。
 内訳:獣医師・市職員・愛護団体・取扱業者
    (詳細またアップし直します)

 ・実験動物として大学病院や医学部へ渡していたが
  愛護団体から批判を受けた。
 ・獣医師会と愛護団体は仲が悪かった。
 ・動物取扱業者を入れているのは内情が知りたいから。
 ・開放的にするために一般公募者も居る。

大きく4つの部門に分けて活動中。

☆アニマルハート(譲渡会・講習会やパネル展など)
★ニャンニャンフォーラム(地域ねこ活動)
☆動物取扱業者への啓発活動
★ふれあい活動(こどもたちを対象に盲導犬など)

迷子犬を減らす=殺処分がどんどん減る

というのが分かっているので
子供さん対象に迷子札を作ったり鑑札つけましょうって会を
よく開催しているらしいです^^


殺処分の原因は入ってくる犬猫が多いことにあるとのことです。
例えば、水槽に水入れて容量超えたら溢れますよね
その感覚でしょう。
噛み癖や攻撃性のある子、トレーナーがしつけようとしても
直らない子などは殺処分の対象となるようです。

ただ、入ってくる(保護される)子が減れば
そういう噛み癖ある子も置いておけるので
入る子を減らす活動=迷子犬を減らそう&野良猫の手術
というわけですね◎

「子供対象」という言葉がちょくちょく入っていますが
8~10歳くらいが動物に関して関心が強いそうです。
ターゲットは小学生ですw

地域猫に関しては、市からお金おりてないらしく
動物愛護推進協議会から\5,000/頭(年100頭まで)
出ているそうです。

主に地域猫活動とは、手術や餌やり掃除、
ご近所へのお知らせ、センターへの報告をすることです。
ご近所へは推進員もついてきてくださるそうですよ。

そんなこんなで第一部終了。

第二部はパネルディスカッションです。
#NPO動物愛護を推進する会 西風さん
#松崎さん
#上宮天満宮 森さん


上宮天満宮は
高槻市駅近くにあるみたいで
(帰りに寄ろうと思ってたんですが用事があって断念;)
猫がたくさん住んでいる。
餌をやったり、ウィルス感染の猫には目薬をさしてあげる。
そういった活動を森さんがされているそうです。
独自で作成された今までの経緯の書面があるのですが
載せていいか不明だったので載せていません。


で、最後に質疑応答がありました。

+熊本市にて地域猫の周知方法⇒回覧板、個人が自宅前に掲示
 ただ、「あそこにすてればいいや」と捨てる場合があるので
 対策練り中。
+熊本市のセンターについて、見学はできるか?⇒OK!予約不要。
+飼育放棄者への罰則は?
 ⇒保健所への持込は法律で、引き取る義務があるので罰則はない。
  遺棄については、法律違反で罰金が伴う。
  ※大阪や兵庫は遺棄罪で警察に訴え出ると動いてくれる。
   →抑制、啓発になるのでやろう!

こんなくらいでしょうか。
ただの議事録みたいですか、文章力なくてすみません。


会が終わったときに松崎さんに
思い切って話かけ行ったら
優しく、丁寧にいろいろ教えていただきました。

メインに聞いたのは、
「香川の多頭飼いのケース、熊本だったら?」と。

けっきょく、公務員は介入できないんだーとのこと。
「残念やけどね」って感じでした。
でも、熊本市は獣医さんとかが必死に説教(聞こえ悪いけど)
したはるでしょう?
それを高松市もしてよ!って思うんですよねぇ。
どれくらい行政指導に入っているのかが気になるし
やっぱり公から注意されると変わると思うねんけどなぁ。

ま、あそこの場合はきっと飼い主が逆ギレして
犬に触らせてもらえないというのが一番問題なので
悲しいかな、現状のお世話と里親探しを優先すべきなんでしょうねぇ。

ま、一度行って様子見てきます^^



とにもかくにも
いまわたしにできることはなんだろう。
頭ではたくさん考えてるかけど
実行に移せてない・・・泣

野良猫の去勢避妊は無料でできますねんチラシ
迷子札をつけようキャンペーン
小さいチラシ(迷子札)
壁紙でノーファーとか訴える

一つ一つやっていこうと思いますー。
何かご提案あれば教えてください◎


”ひとりごと”
やっぱり動物愛護を仕事にするのは
むずかしいかなあ・・・・。
[PR]
by machinekoism | 2011-11-04 16:04 | 殺処分ゼロに向けて | Comments(0)

まちねこの資料と活動の流れ(1

10/27(木)
野暮用が終わり、六波羅密寺に行く前に
東山の保健センターへ寄りました。


そこで、まちねこ活動について伺ってきました。
(担当者の方は名乗りもせず、
 名刺もくださいませんでした・・普通か?)


まちねこ活動事業については*公式参照











**正式な「まちねこ」活動の流れ**

猫を見つけた

該当区の保健所へ相談

担当者がヒヤリングしたうえで現場調査

書類準備

動物相談所にて無料手術

経過観察・餌やり・掃除・など



ただ、いま手術予約がいっぱい、的なこともおっしゃっていたので
緊急な子優先らしいです。

で、この書類たちをいただくのに
かなり躊躇されて、イヤな感じでした。
はじめは理由を濁されるんですよね。
それも納得いかんくてだんだんイライラw

すったもんだあって、最終的に話されたのは

書類だけ出されて手術をぽいっとしてもらえると

思われるから基本的にお渡ししていませんが・・・

どうしてもって言うならお渡しします

ですって・・。

それならそうとHPに記載するとかしたらいいのにね。
やっぱり行政の興味ってそんなもんなのかと思いますた。


わたしの頭の中の予定では
次の繁殖期間までには、できるかぎりたくさんの子について
手術したいので今のうちに餌付けかなぁと
やっぱり毎回頑張ってごはんあげてます。

なかなか触らせてもらえないのでもどかしいですが
焦るとニャンにバレるんでw地道に頑張ります!

で、昨日(11/3)近所のばーさんと話してて
わが町の猫、1団体(30匹ほど)はすでに
申請してて、手術待ちだそうな^^
なんだか嬉しかったなあー。
きっと近所の餌やりおばさんとかがみんなで協力して
やったはるんやなぁーと感動。



とりま一度、
伏見の保健所でも聞いてこようと思っています。


餌付けのほかにしたいなぁと思ってるのは
「まちねこ」を京都市民に知ってもらおう運動です。
例えば、お店とかにチラシ置いてもらうとか。
もちろん、チラシも作りますしね。
そうやってったら1人NPO活動もできちゃうって感じ。
ただの啓発だけど、されど啓発。

現在カバンには
NOファーのプチパネルつけて歩いてるんですが
( さんにいただきました♪)
それと一緒にプチチラシも持って歩いてみるとか。
餌やりしてるおばちゃんたちにも知ってもらわないと。

なかなか難しい活動ですが
すこーーーーーーーーしずつやっていきます。
もしもしもしも、ご協力いただける方いましたら
ぜひ、ご連絡くださーい♪

それと、
京都市在住の方でまちねこしたい子を知ってて
もどかしく思っておられる方ご連絡ください♪
お話しましょーう!!!




ぴーえす
来週からまた環境省のパブコメが始まるそうです。
また意見集め頑張りましょう。
[PR]
by machinekoism | 2011-11-04 13:30 | ねこ | Comments(4)

京都市で飼い主の居ない猫を避妊去勢手術をして減らしていきましょう、と広報しています


by まちねこいずむ
プロフィールを見る