<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【続2】埼玉県深谷市の猫ボランティアさんの話と深谷市の対応



ツイッターで活動報告をされていた@runaさんが、アカウント削除されました。
予備アカもおそらく削除されている模様です・・。

いろんな方の好意がrunaさんには通じなかったという悲しい結末です。

が、彼のお宅には猫がたくさんいます。
定期検診を受けていない子たちがたくさんいます。
今後も支援というか、誰かが見ていないとどんどん保護してしまう。

せっかく保護されても伝染病に掛ったら終わり。
その辺を助けたいと周りの皆さんはおっしゃっていたのでは?
と思うんですが、ダメでしたね。

「口出しするならブロックします」が口癖のようでしたし。
↑これ言われたら堪えるだろうな。

わたしは彼に直接はきっとブロックされて終わりだろうと
深谷市の方に問い合わせてみました。

2012.1.10
「深谷市では野良猫や捨て猫の問題について
どのような対策をされていますか。」
というわたしの質問に対し

2012.1.18
「お問い合わせいただいた、野良猫や捨て猫の問題について回答します。
 猫に関する問題については、「埼玉県動物の愛護及び管理に関する条例」に基づき
 埼玉県動物指導センターにおいて飼養に関する相談、飼い主への指導、
 保護されたり飼えなくなったりした猫の譲渡、及び収容猫の管理等を行っております。
 深谷市では、これら埼玉県の事業に協力する形で、飼養に関する相談窓口の紹介や、
 捨て猫や要救助猫等の相談が寄せられた場合には、それらを保護や救出等の後、
 埼玉県動物指導センターへ引き継ぐ等の対応に加え、飼い主への啓発を目的とした、
 捨て猫の禁止やフンの放置禁止に係るプレートの配布や広報紙への記事掲載等を行っております。
 猫に関する問題については以上のような状況であり、
 深谷市としましては、今後も埼玉県に協力しながら対応する考えでおりますので、
 ご理解をお願いします。」
と、無記名で深谷市環境水道部環境課環境保全係から返答が来ました。

これを受けて
2012.2.14(忙しかったのです、という言い訳すみません)
「埼玉県の事業に協力する形ではなく、深谷市として何か対策をするべきではないでしょうか。
責めているのではなく、お願いをしているのです。
これ以上、虐待や遺棄される猫を救うべく迅速な対応をお願いします。
それと、深谷市のホームページを拝見したところ動物関連のページがひとつも見当たりません。」
と、runaさんからも深谷市へ直接連絡が言っている旨伝え(もちろん名は伏せて)
担当者名がないのはマナーが悪いことも記載しました。


そして本日
2012.2.22 13:46 奇しくも猫の日でもありrunaさんがツイアカを削除した今日
「お問い合わせいただいた、野良猫や捨て猫の問題について再度回答いたします。
 繰り返しになりますが、深谷市としては、今後も埼玉県の事業に協力する形で対応する考えでおり、
 深谷市が独自に対策を実施する予定はございません。
 また、ホームページに関しましても、深谷市が独自に実施している動物愛護事業はございませんので、
 専用のページは設けておりませんので、ご理解をお願いいたします。」

と返答が来ました。

パッと読んでどう思いますか?
非協力的な行政だと思いませんか?

以前にも書きましたが
たまたま深谷市だけrunaさんのおかげ?でピックアップされてこうやって意見交換ができた(できたのか?)けど
日本中が実はまだこういう行政ばかりじゃいのかしら、となんだかげんなりしました。

「アニマルホーダー」

この言葉をこの間、初めて知りました。
病的アニマルコレクターですってね。
保護したけど、里親に出さない、出すのを躊躇うのもアニマルホーダーだとわたしは思っています。
愛護団体でもそういうところがあるかもしれませんね。
虐待しないだけマシだろって一瞬思ったけど
里親にも出さず多頭飼いで愛情は他の動物を分け合わなければならない状況下にあるなら
きっとそれはアニマルホーディングだとわたしは思っています。

現在、runaさんの状況を知ることはできません。
わたしは物資を送ったことがあるので、住所と名前、電話番号は知っています。
メッセージのやりとりも残っています。
けど、じゃあどうしようかとなったときに、どうもできないんですよね。
全員取り上げて我が家で保護し、里親に出すことも不可能。

なんかもう、投げ出したいです笑

だって、唯一公的に指摘ができる行政が興味を持ってくれないんですよ。
諦めたくないけど、どうしたらいいか術がわかりません。

どなたかいい案ありませんか?
こんな日記書くと叩かれることになるのでしょうか。

動物愛護って難しいですね。
共生すれば、幸せこのうえないのにね。
増えすぎるのがいけない。
増えすぎさせたのは誰か?人間でしょう。
人間が全員で反省して、動物助けようって思わない。

答えが見つかりません。
困った。
[PR]
by machinekoism | 2012-02-22 15:50 | 深谷市のねこ | Comments(11)

動物110番へボランティアに行った話。


昨日、東近江市の動物110番へボランティアへ行ってきました。

ボランティアと言っても
ほとんどお手伝いしていないので
正味の話、豚と戯れただけ、っていうw

こちらには昨日現在で、犬猫はいませんでした。
モルモットさんとウサギさん、ハムスターさんが
けっこう多い目に居て
あとは、羽がきっととれているのであろうカラスちゃんや
鶏さん、アヒルさん、カメちゃんがいました。

わたしは元々の目的が豚さんだったので
ぎゃーぎゃー騒いで
背中さすったり一緒に走って?歩いて?遊ばせてもらいました。

昨日はおそらく人が多かったので
にぎやかでしたが
きっと平日はガランとしてるんやろうなぁって思います。

お手伝いしたことは
豚ちゃんのお部屋のお掃除と
ウサちゃんスペースの断熱?エアパッキンを窓側に取り付けたこと。

現在、動物110番さんでは里親さんを大募集中だそうです。
モルちゃん、ウサちゃん、ハムちゃんは特に?な感じかしら。

先ほどアップした記事を参考に
お問い合わせいただけたら、と思います。

では今日は
お昼から仕事サボって←今もやろw
大好きな子たちに会いに行ってきます◎



今週は『ボランティア』ってなんだろうね、っていう話題で
女子会が大盛り上がりする日々です。
みなさんはどうお考えですかねぇ?
[PR]
by machinekoism | 2012-02-06 11:48 | 110番 | Comments(0)

【転載記事】動物110番へ支援のお願い

優慶さんのブログより転載しています。


110番動物園





去年の2月の写真です。










































園長が戻って来て、動物さん達も安心

























































































































この時、肝臓と肺の癌摘出手術を終えたばかりです。





















































































左足骨折?の為、ハンモックに乗れません





何かに噛まれてしまったようです。













この子は、メンバーの家族の一員となりクーちゃんと命名













































タヌキのポコちゃん

















尻尾も、両手両足も車に引かれ歩くこともままなりません。














たぬきは、死んだまねもするので、、もし車で走行中に道で見かけたら














確認してあげてほしいです。もしかしたら生きているかもしれません。














ポコちゃんは、もう野生に帰れないので、このままここで過ごすことになります。














━─━─━─━─━─














今まで、たくさんの動物を、野生に返してこられました。














人間と過ごした動物は、人間に恐怖を感じることが少なくなってしまうので、














野生に返すときには、訓練が必要となります。














そして、別れの日には














いくら野生であった動物でも、走って逃げることはしません。














振り返り振り返り見るそうです。有城さんご夫妻は涙で前が見えなくなりながら、見送り続ける。














そう、気持ちは通じるのです。














◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇━─━─━─━─━─◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇














上の写真を見て頂ければ、分かると思うのですが、ウサギのゲージが














今年はもっと痛んでいます。この写真は去年のモノなので














有城さんは、元警察官と言うこともあって支援らしきものは、ほとんど受けていません。














それに、2010年~2011年の年末年始の2回の切除手術














2011年5月癌転移が見つかり抗がん剤治療をされていました。














ご存知の方も多いと思いますが、抗がん剤治療は回を重ねるたびに辛くなってきます。














有城さんも、かなり辛く手の痺れや疲れやすくなってきていました。














その状態でしてこられたのですから、誰も責めることは出来ません。














ただ、ウサギ約30羽、モルモット約30匹にも罪は無く














この機会に、ウサギ達のゲージを住み易くしてあげたいと思います。














①110番動物園のビフォーアフターのお手伝い














②余り痛んでいないウサギのゲージ






中古でも有り難いです。














③ウサギとモルモットのフード














④お野菜は、豚さんもいるので、大募集














⑤餌やりさんと清掃のお手伝い














今回、退院された時に有城さんの喜びで驚きの笑顔を






一緒に見たいと思ってくれる方はいませんか?














どうか、ご連絡お待ちしています。














npoclatos@yahoo.co.jp


まで














どうか、よろしくお願いします。






















■110番動物園  園長 有城覚さん


が、10日緊急入院しました。











 




e0338864_16351967.jpg











 




癌余命2年の告知を受けてからも、講演活動や動物のお世話、














アルツハイマーの奥さんが、入所されている施設へ毎日通われていました。














現在、ウサギ、モルモット、亀、ブタ、アイガモ、インコ、トンビなど






 




約30種類 約150匹を保護・飼育しております。














新しい家族として、迎えてもいいよという方














手伝ってもいいよという方(週一でも有り難いです)














コメント、メッセージでもご連絡いただければ幸いです。














お返事は、個別にさせて頂きます。

















アメブロ以外の方
































支援物資送り先













〒527-0231 滋賀県東近江市山上町2870













110番動物園内担当奥(オク)宛













此方の住所でも、届きますが不在のときがありますので、













出来れば上記メアドにご連絡頂けると有り難いです。













お願いばかりで大変申し訳ありません。

























[PR]
by machinekoism | 2012-02-06 11:35 | 110番 | Comments(0)

京都市で飼い主の居ない猫を避妊去勢手術をして減らしていきましょう、と広報しています


by まちねこいずむ
プロフィールを見る