<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

20120629@関電京都支店前再稼働反対デモ

生まれて初めてデモというものに参加してきました。



はじめは大阪へ出向く予定でしたが

twitterで京都もするぞ!と聞いて

仕事終わりで駆けつけました。



関電の南側からずらーーーーっと人がいて

みんな反対を意味する黄色のものを身に着けて

(わたしは普通の格好で行ったんですけど)

どうしようかと関電沿いを歩いてたんですが

北へ曲がってちょっとして人が少なかったので

「ここいいですか?」と言ってはいらせていただきました。



そのお姉さんは

神奈川から京都へ避難されてきた人。

関東もかなり線量高いらしく、ぜんそくがひどくなったので

一人逃げてきた、と。

そういったひとに初めて会いました。

わたしのまわりはのんきすぎると思います。



そのお姉さんと自己紹介しながら立ってると

ちょっとずつ人が増え始めました。

最終的に何人やったんやろ?

300人って聞いたのが18時半ごろです。



途中でとてもかわゆい親子さんがお隣に来ました。



e0338864_16352030.jpg




ブログ掲載了承済です★



この男の子、8か月なんですって。

お母さんが一生懸命

「再稼働反対!」って訴えてるからか

ぼっちゃんも「あーうーわー」と

何かを訴えてるようでした。



そのほかにも子供連れの人がたくさんいて

わたし正直、人間に興味ないけれど

お母さんやお父さんが必死になって原発反対してることに

なぜか泣きそうになりました。



こんなにも一生懸命な人間がたくさんいるのに

電力会社のひとってなんでやめないの?

計画停電ってなに?

ほんまに足りひんのやったらオール電化なんて

薦めないはずよね?

けっきょく私利私欲のためでしょ?

ただの悪どい商売やん。



もう一人お兄さんと知り合いました。

スマホで首相官邸前の様子をリアルタイムでみせてもらいました。

すっごい人ですね。



この思いって届くのかなぁ

とか、デモに参加しながら考えていました。



もしかしたら関電の社員でも

原発なんて・・・って反対してる人、したい人がいるかもしれんって

思いました。



実際、わたしの祖父も曾祖父も関電社員でした。

もうとっくに亡くなっていますが。



おじいちゃんは昔原発反対してたから

左遷された?とかばーちゃんから聞きました。

ほんまかわからんけどね。



働いてる人は、勇気を出して言えばいいのに。

クビになってもそんなクビは

すぐに違う場所でつながるはず。



原発賛成のひとって

ただの自分勝手でしょ?

お金儲けより命でしょうよ。

そんな簡単なことがわからんってほんまアホすぎる。



今日は関電の周り・・・一周まではいきませんでした。

その半分以下くらい。



来週もデモあります。

わたしもまた行くつもりをしています。



e0338864_16352059.jpg






NO NUKES!!!!!



最後に関電裏門へみんな叫んで帰ってきました。





e0338864_16352086.jpg






わたしは一言も「再稼働反対!」って言わなかった。

無言の抗議でもいいじゃないか。



とにかく京都は内弁慶すぎる。

人が足りません。

ちょっとでも気になる方はぜひぜひ来週行きましょう。



原発が原因で自分ちの犬を手放した人がいる。

それが現実。



今後、動物を救うためにも原発は絶対に稼働しちゃダメ。

節電を続けていけば、絶対に電力は足りているはず。



わたしはそう思います。

計画停電なんてタダの脅しだと。



動画をあげたかったのですが上手にできなかった・・。






[PR]
by machinekoism | 2012-06-30 00:37 | 原発反対 | Comments(2)

【地域ねこケース2】通勤路その1 行政

わたしがいつも餌やりしている2匹の猫。

三毛と茶トラにマンションの片隅で餌やりしてること

どうしても後ろめたい気持ちになるし

一人じゃどうも心細くて、

マンションを説得する自信もないので

市長への手紙

へ長々お願いをしました。





わたしは市長選のときに

演説されているところまで出向き

まちねこ制度についてお願いをしました。

その旨も記載し、

*現在のまちねこ手術は3か月待ちであるということ

*まちねこの条件が厳しすぎるということ

*ボランティアだけではとうてい町内会の了承を得るのは難しいこと

*保健所職員の協力が必要だ



などなどを訴えました。



すると、数日たってから伏見区保健所の方から電話があったのです。



*マンションへの説明に職員が出向きます

*事前に保健所に来て現状を教えてもらえませんか

とのこと。



なので、昨日午前中お休みをもらって行ってきました。

そしたら、担当者が外回りしてていないとのこと。

連絡なしで行ったわたしのミスです。



で、違う方にお話をしてきました。

その方の意見は



*マンションでのエサやりは住民全員の賛同を得るのが難しいから・・・

*最悪隣の町で協力者が居たらそちらに餌場を移動するのもいいかも・・・

*まちねこ制度は市の職員じゃなく、京都府獣医師会の協力のもと

 ⇒だから3か月待ちは仕方ない、的な・・・



だそうな。



もうこれやったら3か月待って無料手術より

先日のハッピーハウスさんやぜろの会のような

安価手術を決行すべきだと思うんですけど。



無料かバカ高い手術費か。

それしかないのか京都府獣医師会。



近所の獣医さんに聞いてみようと思ってますが

少なからずわたしが通ってるところは飼いネコと同様

オスメス2万円以上とると明言されています。



獣医師会に入っていない獣医さんて居るのかしら?

そこへ相談するか、獣医師会にかけあうか・・。



で、今朝保健所の担当者から連絡がありました。



*現場が見たいが18時とかいう就業時間外は無理

*昼間自分だけで行ってマンションや

 その他猫がいると言われる場所の方々に話聞いてきます



とのこと。



いま餌やりしているマンションはA町。

もう一つ気になってる猫が集まる地点は

道を挟んで向かいのB町。

両方に話を聞いてくださるそうな。



結果は後日報告してくれるっつーんで、お任せしました。



わたし、他力本願すぎますかね。

とりあえず、上記の結果が出るまで

近場の獣医さんに手術について聞いてみよう。



やりたいことがやまほどあって

でも動けてないのでもどかしい。

そんな数日ですので、ストレスで体ガタガタです。



保健所の人は一生懸命やけど

制度があるが故のほかのパターン・例外が

なかなか認められないのかなぁと思いました。



また後日談はブログにて。
[PR]
by machinekoism | 2012-06-28 14:40 | 4頭の猫 | Comments(0)

八幡市の野良猫 その1




知人が地元の有志と餌やりをしている
野良猫のTNRをするということで
捕獲の見学に行きました。

有志のみなさんは
京阪八幡市駅徒歩5分程度の
石清水八幡宮のふもと(公園)にて
餌やりをしています。

今回は能勢のハッピーハウスさんに依頼されました。

当日、ハッピーハウスの捕獲専門の
お兄さんが来られて
計6匹だったかしら、を2時間もかからずに
捕獲し、連れて帰ってくれました。

ハッピーハウスさんのTNRに掛る料金は
捕獲に1頭2,000円
手術は♂5,000円、♀12,000円だったと思います。

捕獲器を多い目に持って来られていたので
6頭になりました。
そのうち妊婦が2頭。

今回、事前に話をしていた八幡市市会議員の方にも
同席いただき、餌やりや野良猫の現状をみていただきました。

この方、かなり親切にメール対応もしてくださり
現状にも足を運んでくださいました。
とても頼りになる議員さんです。

わたしは初めてみるTNRの現場で
ハッピーお兄さんの素早い行動に脱帽しつつ
聞きたいことをいろいろ聞いて帰ってきました。

皆さん知っていることかもしれませんが
わたしは犬猫が”好き”なだけで無知極まりないです。
なので、
三毛猫はほとんどがメス、茶トラはほとんどがオスだとか
わたしが餌やりしてる子たちはもしかしたらどこかで
生み落とししてるかもだし、早く手術したげよーとか
経験談をいろいろしてもらいました。

その6頭のTNR代金は有志の方がお支払しています。
けっきょく八幡市では助成金とかないですし、
今後も難しい問題だと思いました。
地域の協力って絶対に必要ですしね。
ましては重要文化財に住み着くねこです。
だからって殺すわけにはいかない。


どうぶつ基金の無料のアレも
けっきょく近場に提携獣医さんがいなければ
車がないと連れていけないし
わたしも含め、そこの猫ボランティアさんたちも
車ない身分・・・難しいです。

ただやっぱり猫の去勢避妊手術っていうのは
猫の殺処分ゼロに向かう一番の近道だと思います。

どうぶつ基金のアレ
も、とてもいい制度だと思いますが
京都は提携どうぶつ病院がありません。
ぜろの会も、ハッピーハウスも
運営のため無料ではありません。

次回記しますが、京都市のまちねこ制度にしても
3か月待ちと言われましたし
本当に難しい問題です。

猫が増えてもね、全頭ちゃんと街で面倒みるならいいよ?
けどあきらかに難しい。
ねこ算っていうTシャツ
知っていますか?
めちゃくちゃかわいいけど
意味はとても重要。
凄く増えちゃうんだよ、って。

どえらいことに足を踏み入れましたが
これは人間誰しもが
正面から向き合わなければならない事実だと思います。

今後も、八幡市含め
TNRのことはどんどん書いていきたいと思っています。
[PR]
by machinekoism | 2012-06-25 14:24 | ねこ | Comments(1)

【地域ねこケース2】通勤路その1 近況

昨日、とうとうおばさんに

「餌やりするなら自分ちに連れて帰れ」と

罵声を浴びせられました。



立ち止まって言うでもなく

歩きながら叫びながら言うて言ったおばさん。

どこの人やったんやろう・・。



餌やりしてる場所に建つマンションの人かなぁ。



同じテンションで言い返すのは絶対にあかんと思って

我慢してごはん食べさせて帰った。



ねりまねこさんのブログに

餌放置はあかんよ、と書いてあったので

(そりゃそうだよねえ、反省)

今日は小さいほうきと雑巾とゴミ袋を持って行こう。



ついでに、他のエサやりさんへのメッセージも

書いて置いておこう・・かと思ったけど

ジャマやよね。



密接してる美容院のお兄さんに聞いてみようかな。





いつものわたしやったら

「なんじゃくそばばあ、文句あるんやったらかかってこいや」

くらい言いそうなもんやけど

そんなこと言って猫たちが居づらくなったらダメやし

グッとこらえた。



猫のボランティアさんって強いね。

わたし、これからご近所さんに理解を得る努力が

できるかとてもとても不安です。

味方もいない。



どうぶつ基金のまちねこ無料で手術するよってやつも

京都市(伏見)に提携病院ないし。



まちねこ制度があるから余計に手術に踏み込めない。



で、この子たちはオスメスどっちかもわかってない。




e0338864_16352125.jpg
  

e0338864_16352110.jpg




↑茶トラのおしり。                   ↑三毛のおしり。





ほんとにあかん餌やりなんですわたし。



どうしようって言うて今日まで来てる。

ほかのエサやりさんはどんな思いでやってるんやろう。
[PR]
by machinekoism | 2012-06-13 14:19 | 4頭の猫 | Comments(6)

【地域ねこケース2】通勤路その1

わたしがいつも餌やりをしているねこです。








e0338864_16352259.jpg















三毛猫と茶トラとがいつも一緒にいます。


わたしの自転車の音でにゃーと出てきて


ごはんの催促をします。





先日毛玉どうのこうのっていう餌にしたのですが


平気でバリバリ食べていました。





この子たちはきっとほかにも餌をもらっている人がいます。





暑くなってきたので


缶詰は足早いし、やめているのですが缶詰のあとがあるからです。





写真の場所は小さい空き地になっていますが


いつも居るところは違います。





元々公団が建ってた敷地の端っこ。


そこが彼らの住処でした。


公団が一般に土地を売って立派なマンションを建て始めたときは


2ねこともに、向かいのこの空き地を主に使っていました。





マンションが建ってしばらくしてから、また元の場所に戻ったんです。





前から餌やりしていますし


誰も何にも言わないから、といって


そのまま餌やりを続けているダメなわたしですが


もう少し信頼関係を作ってから手術したいと思っっているのと


(言い訳ですけど)


このまま地域が(マンション住民を含め)彼らを認めてくれているなら


手術は不要なんじゃないか、とも思い始めました。





でも、その100mくらい離れたところにも野良猫がいて


大きい道を挟んだところにも野良がいます。


オスメスはどっちかわかりません。


そしたら、子供出来る確率絶対に高いし


あああだめだ、と思っているけど


わたしには財力もないし、そこはわたしが住む町内じゃない。


「まちねこ制度」は条件が厳しいし順番待ちも酷い。





で、餌やりを続けている状態です。








今日から梅雨入りだそうなので


会える機会も少ないかもしれませんが


他のエサやりさんと一度コンタクトをとってみたいと思っています。





それと100mくらい離れた方には


食事処があって、そのあたりにもヒヤリングしてみようと思っています。











まちねこ、のらねこを守るのって


たいへんですね。


一筋縄ではいかない。


平日仕事してて土日どちらかはボランティア行ってて


じっくり自分の街を歩いてみたことがない。





此処がわたしのあかんところやなぁと反省中です。





あした雨かもですが


ちょっと街を散策してこようと思います。





相変わらず文章力がないですすみません。
[PR]
by machinekoism | 2012-06-08 16:57 | 4頭の猫 | Comments(2)

【地域ねこケース1】我が町内の話



うちの前のお宅で猫に餌をやっています。
放し飼いです。
全頭手術しているかは餌やり本人も不明。

うちのまわりは畑が多いので
その人たちが「畑を荒らされる」
裏の家の人が「うちのベランダに上られる」などの苦情を
はじめはえさやり本人に直接
最終的に、保健所に連絡が入れた。

で、結果
2頭が捕獲され、保健所に連れていかれた。


と言う話を先日うちの母親が聞いてきた。

よかった点は
餌やりさんが(ある程度でも)手術をしていたこと
&此処が京都市だったこと。

保健所の人は餌やりさんに
「大丈夫、里親さん見つけるからね」と言っておられたとのこと。
信じるとして、ありがたいお言葉。


で。
母親と「まちねこ制度使えればいいのになぁ、町内会長誰なん?」って
聞いてみたけど
「ああ無理やで。畑とかしたはる人は犬猫きらいやからなぁ」と。
わたしもそれ聞いて納得。

今後どうすればいいかなんて
「保護して家飼い」しかないよねって話。
ただ、その餌やりも無責任だ(とわたしは感じる)ので
その人にどうすべきかを考えてもらうべきかなぁ・・。

6/6(水)のリアルな話題でした。
[PR]
by machinekoism | 2012-06-07 13:15 | ねこ | Comments(0)

近況云々

最近、ツイッターもブログもサボり気味ですこんにちは。

情報拡散って難しいなと
動物愛護に深くかかわって、すでに壁にぶち当たり中です。

【拡散希望】と書いても
けっきょくは動物愛護活動中の人ばかりが拡散する。
普通の知り合いの人は、
わたしのツイートを読んでどう思ってるだろう。
動物のこと、助けたいって思わないのかしら。とか思っちゃいます。

そんなこと考えると
何を呟きたいのかわからなくなって、ちょっと小休止してました。

ブログも然りです。
言いたいことは山ほど。
でも全部、押し付けのような気がしてきて書くのを躊躇してました。

動物助けるのって、当たり前やと思ってました。
”かわいそう”だから助けるのではない。

けど「死ぬのはしょうがない」で
済ませられる人もいるんですよね。
そういうことに無性に腹が立っている毎日です。

「野良猫が畑荒らすから」とかイヤな顔で言われると
その人のことを嫌いになったり。
↑この人は元々大っ嫌いだったんですけどね。

何が言いたいのかわからない文ですが
どうしたら、殺処分ゼロ、虐待ゼロになるか
水面下で考えていました。

京都市はまちねこ制度があるのですが
それも、かなりの順番待ちらしく
出産時期までに去勢避妊してあげないと、また仔猫が生まれちゃう。
だから、動物相談所や京都市獣医師会がもっともっと
手を差し伸べれば順番待ちも少なくなるくらい
猫が居なくなるんじゃないかしら、とも思う。

↑これもわたしが
行政や獣医師へ責任転嫁している気がします。

あと、通勤路(家から最寄駅までの路)に
野良猫を住まわせているおばあさんがいます。
そこは、昔から猫が住み着いているらしく
先日、ぜろの会に頼んで数十万円だして
ほとんどの猫を手術したようです。

でもね、最近仔猫が居るんです。
生まれたのと、あと成猫もたくさん増えてて
けっきょく夜中に知ってる人が捨てに来るんですって。

わたし、そういうの動物遺棄で犯罪やと思うのです。
だので、近くの交番へ届けようと思うんですが
人んちのことやしなぁ、と毎回躊躇。

しかも、そのおばあさんと仲間のおばさまが
一生懸命餌やりしたはるそうなので
捨てる奴見つけようよ!とか言いづらくて。

巷でよくきく餌やりさんって
ご飯さえ食べててくれたら満足なのでは?と思ってしまいます。

わたしも近くのマンション横でご飯をやってる猫がいます。
でもまだ捕獲できていないし手術する財力もなく、情けない。
だからまちねこ制度を利用したいけど、あれはけっこうな条件付。
過去ブログ
参照)

で、ずっと躊躇したまま餌やりを続けてる
ダメダメなやつなんです、わたし。

で、ある人から色々助言いただいて(感謝!)
自分に無理せず頑張って、と言われてかなり安心しました。

突っ走って、嫌になってしまったら終わりですよね。
なんか最近ダメです。
やらなあかんと思うことが多くて。
やりたいことが手から溢れます。
犬も助けたいけど猫も助けたい。
エンジェルズに居ても同じです。
犬の散歩行きたいけど、猫のお世話もしたい。
わたし一人でがむしゃらにならなくてもいいのに
勝手に頭がこんがらがってる。
だからって、他人に強制したくない。

そして、ボランティアが増えない(減った)ことにも
どこかで苛立ちを覚えてます。
どこの団体も一緒でしょうけど、風化って怖い。

まだまだ被災犬も被災猫も居るのに
去年のGWなんか通路歩くのにも一苦労なくらい
ボランティアだらけやったのに
いまなんて全然です。
(エンジェルズだけダロ!っていうツッコミはなしね、きっとどこも同じ)


ああああ。
何が言いたいかわかりません。

結論、何も動けてない自分がどうしても情けないという日記でした。

続けるのが大事。
これから、ちょっとずつ更新できるように頑張ります。
此処には書けない愚痴は、ある人に聞いてもらいます。笑
でもそれも、自分勝手なんですよね。

・・・お目汚しすみませんでした。
次回は楽しい記事になりますように。
[PR]
by machinekoism | 2012-06-06 17:04 | 動物 | Comments(3)

京都市で飼い主の居ない猫を避妊去勢手術をして減らしていきましょう、と広報しています


by まちねこいずむ
プロフィールを見る