<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【地域ねこケース2】通勤路その1 最悪の事態?!

野良猫に餌をやらないでください


と、ありました。

わたしがつくった

餌をやるなら
直置きやめて器でやって
必ず片しましょう

わたしは
個人ボランティアです
連絡ください

とかいた札が

えさやりするなら警察に言う

に変わってました。

今朝確認したら
書いたのはマンションの管理組合。


でも手術せんとえさやりしてたのは
わたしももちろん悪いしごめんなさいやけど
これからどうしようかなあ。


手術して…

でもその前に説得できたら
地域猫になれるかなあ。



最近いつもやってた時間に
行けなくて22:00とかになってます。
3頭まとめて出会うのはなく
一番こどもの猫に数日会っていません。


まさか、追い払われたり
保健所に通報したりはしてへんよなぁ…


と疑心暗鬼。


とりあえず、昼間に
はなしを聞きに行けるのは
日曜日しかないから
それまで様子をみましょうか…。

わたしは、野良猫は
保護という形ではなく
地域猫として生かしたいのです。
物理的にも保護は無理だし
保護をしていたら
全部の猫を助けられない。

ぜいたくでしょうか


もちろん、最悪のときは
必ず助ける覚悟はありますが
それより
町内会、マンションの管理組合を
説得できたらいいな、と思ってます。
向かいの駐車場のご主人にも。


保護しちゃうほうが簡単やけどね。

表沙汰にされてなかった
野良猫への苦情を
わたしのおせっかいで
おおっぴらにしてしもたのかしら。

と、今日明日は
悩むことになりそうです。


[PR]
by machinekoism | 2012-09-21 10:02 | 4頭の猫 | Comments(7)

【地域ねこケース2】通勤路その1 近況

はじめに・・・。



fukikoさま、メッセージいただきましたが

『不適切な表現が含まれているため、表示できません。 』

とありました。



よろしければ、

内容を確認いただき再送いただきますよう

お願いします。





*******本題*******



保健所の職員が話をされてから

ずいぶん期間が空いてしまいました。



いまちょっとずつ動き始めているところですが

どこまで記載していいのやらわかりません。



まずは、餌やりをさせてもらっている

マンションの住民の方へ

「こういうことやってるよ」

「何か困っていることありませんか?」と

チラシを配布させてもらおうと思っています。



合わせて今夜にでも

”餌の直置きはやめましょう”的な立札を

置いてきます。



時々話しかけてくださる方も出てきました。

「毎日頑張ってるなぁ」とか

「わたしたちは(ここに猫が居ても)気にしませんから」とか

「ある住民からは苦情が来ているみたいですよ」とか

いろんな情報を教えてくださいます。



おひとりでも苦情を抱えておられるのであれば

放っておくわけにはいきません。



無関心なひとがいるのも構わないと思っています。



正直わたしは仕事をしていますし

ボランティアにも行っています。

その他用事もあります。



日中べったりいることはとうてい無理ですが

その中でもやらなければいけないことを

やっていこうと思います。



って、書くのは簡単ですけどね。



誰か伏見区深草あたりで

まちねこ活動に興味ある方居ませんかね?

一人で活動することが”しんどい”けど

出来ないことはないと思います。

ただ、進捗が遅い=猫が困る。人が困る。



わたしが野良猫を3匹保護して

例えば猫好きの我がばーちゃんちに

住まわせて、と言えばそれはそれで

その場は丸くおさまるのかもしれない。



けど、絶対にまたその場所に野良猫は現れるし

(近所にたくさんいるから余計に)

猫が嫌われたり

猫を嫌いな人がイヤな思いしたり

それって共存って言わないし。



わたしの目標は動物との共存です。

人間が犯してきたことの清算を

いましなくていつするんだってことです。



わたしはヒーローではないので

偉くもないし、財力もなく無力です。

それなら猫なんて助けるなよってひとも

もしかしたらいるかもしれんけど

そこはちょっと違うんじゃないかな。



例えば目が見えない人と一緒にホーム歩いたり

おばあさんと一緒に手をつないで階段上り下りするのと一緒で

猫と生きたい。





エゴですかねぇ。
[PR]
by machinekoism | 2012-09-12 11:31 | 4頭の猫 | Comments(0)

京都市で飼い主の居ない猫を避妊去勢手術をして減らしていきましょう、と広報しています


by まちねこいずむ
プロフィールを見る