<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

低価格手術の病院と知り合った経緯

先日の記事
について


言葉足らずなところがあったので、追記というか


経緯を説明したいと思います。








わたしがブログやツイッターで保護したと言っている


ちびこは、大阪のいち動物病院で手術してもらいました。





始めは一頭だけなので


うちの犬が行ってる獣医さんで


正規の値段で手術してもらおうと思ったのですが


ひょんなことから、お知り合いになった


ベテランのボランティアさん(Aさんとします)に


取り持ってもらって、いちさんを紹介していただきました。





Aさんにはもう一人TNRをしているボランティアさん(Bさん)も


紹介してもらいました。


そのBさんは捕獲器も自作で大阪府ともやりとりされている


超超超ベテランボランティアさんでした。





Bさんのお宅にお邪魔して


捕獲器の作り方や、保護猫ちゃんの様子を伺っていたその日


Aさんから電話があり、朗報が降ってきたのです!





『京都で安く手術できるよ!友人が掛け合ってくれた!』とのこと。





Aさんのご友人(Cさん)がある動物病院で働いていらして


その方が、京都でもボランティアしている人がいるので


なんとか手術料金をいち動物病院と同じにしてもらえないか?と


先生に掛け合ってくださいました。





その先生は元々京都府で勤務しておられたみたいで


野良猫の手術はお手の物◎


現在の動物病院を開院されてからも、


Cさんのお知り合いのボランティアさんや


その他、けっこう京都にも個人で餌やり&手術されている方がいるんですよね


その方々からの依頼で今まで手術はされてきたそうです。


もちろん、今までは定価(世間一般の)で。





で。


わたしはじめ、必死で保護しようとしている人たちを見かねて


Aさん⇒Cさん⇒先生とバトンが繋がり


今回、先生のご理解を頂戴し、


『野良猫に限り』


このような素敵なお話をいただいたのです。








ブログやツイッターでこれを話した際に


「先生の腕や、経験の情報が少ないから信用できない」と


言われたことがあり、


改めて経緯を説明させていただきました。





ちょうど先日知り合った滋賀のボランティアさんが


月曜日にこちらで手術をされます。


わたしも立ち会います。





また、その時のこともご報告しますね。
[PR]
by machinekoism | 2012-11-22 16:48 | ねこ | Comments(0)

★朗報★野良猫の去勢避妊手術費用が安い!

野良猫限定!



生後半年以上の野良猫に限り



去勢避妊手術代金をお安くしてくださる病院があります。







病院は京都市南部。



☆費用目安☆



メス避妊 5千円 オス去勢3千円 抗体検査2千円前後







☆その他☆



・野良猫限定



・手術は約生後半年、ワクチンは約生後2か月目から



・耳カット必須 里子に出す場合のみ除外



・入院可(割増料金)



・捕獲は相談に乗ります(ブログ主より捕獲器貸出有)



・地域は京都に拘りません。







現在お困りの方は一度メッセージかコメントをください。



その際、簡単な現状とメールアドレスの記載をお願いします。







アメブロIDをお持ちでない方は以下へご連絡お願いします。



machinekoism※excite.co.jp(←※を半角の@にしてください) 








他にはツイッターでご連絡いただいてもかまいません。



@dotes_on_rachel







今冬中に手術をたくさんしておけば



来春はわたしたちボランティアも楽になりますし



何より不幸な猫たちが減りまくります!

経緯は
こちらの記事を参照ください。





どうぞ、ご連絡お待ちしています。
[PR]
by machinekoism | 2012-11-20 12:30 | ねこ | Comments(0)

ラッキー(仮)の救出劇


ご近所の犬が居なくなったと聞いたのは
11/1(木)の晩でした。
それから一週間、昨日11/7(水)朝に無事に帰宅。
その一週間、どのようなことがあったのか
関わってくださった方が
保護先の小学校宛に書いたお手紙を抜粋して掲載しておきます。
(もちろん、了承済)

迷子がどれほど命の危険と隣り合わせか
直に感じた1週間でした。

ラッキーとは
犬が救助された際に仮につけられた名前です。
本名は違いますが、そのまま掲載しておきます。


*******以下、一部抜粋********


私たちが最初にラッキーの声を聞いたのは、
11月1日の夜10時ごろでした。
今までに聞いたことのないような
悲鳴とも叫び声とも言える異様な鳴き声が聞こえてきました。

なんやろうな、この声。犬が誰かに虐待されてるんやろうか?

しばらくは家で様子をうかがっていましたが、
あまりにも長くそして異様に悲しそうな鳴き声が続いたので、
様子を見に行くことにしました。

近所の女性の方Aさん(のちに一晩保護して下さった)と
マンションの男性の方が、
道路から柵越しに溜め池のほうをのぞいておられ
警察の方も2名見えていました。
(警察へは女性が通報された)

ライトを当てないと見えないくらいの暗闇で、
頭だけ出して必死に脱出しようとする
ラッキーの姿が見えたのです。
水面から壁までの高さがあるせいか、
思うように脱出できません。
マンションの方いわく9時過ぎ頃から
鳴き声は聞こえていたようです。
警察の方は

小学校の敷地で、しかもセキュリティがあるから入れない

レスキューや消防団も

人命救助ではないので出動できない



え~何で???そこで今助けを求めてるんやで、
『助けて~冷たいよう、怖いよう!!』て叫んでるんやで!!
このままやったら死んでしまうやん!!
どうにかしてやれへんの???


ただただこみあげてくるのは、
何にもしてあげられない悔しさと
何とか助けてあげたいもどかしさでした。

警察のは、
ひとまず小学校の先生に連絡してみます
そう言って一度帰られました。

私たち4人は、
呆然としつつもラッキーにライトを当てて
声をかけ続けました。
小学校の敷地で入れないとは分かっていましたが
目の前の消えゆく命を見殺しできるわけがない!
絶対に助けてやりたい!!

大丈夫か~もう少しがんばりや~!
絶対に助けるから諦めたらあかんで~!!


柵によじ登って声をかけ続けます。

その声とライトに反応してか、
今まで林側から上がろうとしていたラッキーは泳いで、
道路側に来ました。
道路側のほうが少し上がりやすいようでした。
抜け出したい一心で、
叫び声をあげながら何度もチャレンジするラッキー。
体の半分ほどまでは出てくるのですが、
最後のひと踏ん張りがいけません。
10℃にもなろうという寒さと濡れた体が、
冷えてカチカチになっているのでしょう。
叫んで泳ぎ続けて、体力も消耗しているのでしょう。

頑張りや~あとちょっとで出られるやん!

ラッキーは時折、制止したように天を仰ぐようになりました。

その時です、今までに聞いたことのないような
犬というよりオオカミのような
そして命が絶える寸前の断末魔のような
遠吠えを2度上げたのです

ラッキーはその声を上げた後、
天を見上げたまま頭をフワァーッとさせて、
しばらくして力尽きたように沈んで
見えなくなってしまいました。

もうあかんやろうか~!?

いざという時には、
不法侵入でもいいから飛び込んで助けてやらなければ!
とにかくどうにか助けてやりたいという一心でした。
わたしたちは涙ながらに声をかけ続けました。

頑張りや~諦めたらあかんで!!

かすかにバシャバシャと泳ぐ音と、
うめき声ような息遣いが聞こえ、
ラッキーは最後の力を振り絞って
もう一度姿を見せました。

その後警察の方が来られ、

消防が出動してくれることになりました

とおっしゃいました。これで助かる!!

あと少し頑張りや~もう助けに来てくれはるからな~

それまで耐えられるやろうか??
1秒1秒がとても長く感じました。

数分後に大きな消防の車のエンジン音が聞こえてきました。

助かった!!!

消防の方は全部で5名、
警察の方ももう1名来て下さりました。
柵を乗り越えて、3人で救助に向かわれました。

一人の消防士の方に、
ラッキーは抱きかかえられました。
声を上げることもなく、抵抗するそぶりもなく、
ただ硬直したかのように、手をまっすぐ前に出したままの状態で、
すっぽりと助け出されました。

柵ギリギリのところに、そっと寝かされました。
やはり声も出さず、憔悴しきった様子です。

寒さと恐怖と
ずっと助けを求め続けたことによる体力の消耗で
震えることもできずに。

まさに、瀕死の状態でした。

お湯を体にかけて温めてあげられないでしょうか?
できれば毛布とタオルも


消防士の方が提案して下さりました。
それからバケツやごみ箱におふろの残り湯などのお湯を入れて
2、3回往復しました。
毛布を持ってきて下さる方もありました。
お湯をかけてもらい体を拭いてもらい、
少し意識を取り戻したのか、
ガタガタと震え始めました。

消防の本来人命救助用の防熱防風シートのようなもので
スッポリと覆ってもらいました。

でもこのまま放っておいては、
朝になると凍えて死んでしまうのではないか?

自身も犬を飼っておられるという消防士の方が
最初の通報者のAさんに

どこかガレージでもいいので
ドライヤーで体を乾かしてあげられないでしょうか?


とおっしゃいました。

Aさんも自宅で犬を飼っておられましたが
戸惑いながらも快く了承して下さりました。
体を乾かしたあと、
一晩あずかってくださることになりました。

Aさんのガレージで
ドライヤーで乾かされてゆくうちに、
ラッキーの震えはおさまってゆきました。
ドライヤーと毛布と救助シートの温かさで、
ときどきウットリとした表情もします。

なんて穏やかな表情のワンちゃんなんだろう。
人に対してもおびえる表情もないし、
毛並みもきれいで体格もいいし。
きっと飼い主がいたんだろうんなあ。
はぐれたんだろうか?
逃走癖があってここまで来たんだろうか?

まさか、捨てられたんだろうか?
どうしてあんな溜め池に。

溜め池から救い出されたとはいえ、
ラッキーの飼い主は分かりません。
居場所もまだ決まったわけじゃありません。
このままでは、保健所につれて行かれる!
せっかく助かった命なのに!!!

ラッキーのことはAさんに任せて、
ひとまず帰ってから夫婦2人でチラシを作りました。
なんとかしていち早く飼い主を捜すためです。

そうでないと、もし保健所につれて行かれたなら
ラッキーは3日で殺処分なのです!!

夜が明けてから、
朝6時半頃からチラシを配りました。

どんな情報でもいいので教えてください!!

Aさんに連れられてラッキーは散歩に出ていました。
昨日の疲れ切った様子はなく、
優しい表情でスクッと道路に立っていました。

絶対に飼い主見つけてやるからな!
見殺しにはせんからな!!

Aさんとは夜まで連絡が取れなかったため
知らなかったのですが、
散歩に出てもラッキーは
家に帰るそぶりを見せなかったようです。
それで藤城小学校に顔を見せに行こうかとなり、
訪問して小学校側で飼われる意思があることを知って
引き渡されたようです。

夜仕事から帰ってAさんにその話を聞き、
ちょっと安心しました。
ラッキーの居場所が確保されたからです。

翌朝、ラッキーの様子を見に行こうといことになりました。

9時過ぎ学校のウサギ小屋を見に行きましたが、
もぬけの殻。

散歩に行ってるんかな~?

職員室を訪ねてみると、
とにかくいなくなったことしかご存じない先生が。

え~どういうことやろう?
飼い主が見つかったんかな~?
それならそうおっしゃるはずやしな~。

3時半ころ再度職員室を訪ねてみました。
すると

実は先生が散歩の際に、目を離したすきに・・・

え~なんやそれ!!
無責任すぎるやん!!!
自分とこで引き取るゆうたんちゃうん!!!


ラッキーがどんな思いして助けられたか分かってるんか?
何考えとんねん!


事情を全く知らなかったので、
ただただ怒ってしまいました。すみません。

それでも赤い首輪はしてもらえたとのこと。
それならまだ助かるか?
Aさんのところを訪ねて話をしたところ
意外な話が。

今朝自分とこの犬散歩出るとき、
●●公園の自販機の足のところに
くくられてるのん見ましたよ。
赤い首輪やったし、
おでこの模様も一緒やったし、
あれ絶対ラッキーや思って。
小学校の先生がなんか用事で散歩のついでに
体育館きはったんや思たんですよ。
「ラッキー~」て声かけてね~


どういうことやろうか??
困惑しながら急いで公園に向かいました。

公園の事務所の方に
柴犬が保護されていませんか?と尋ねると
困りっ切った顔の職員さんがおられました。

そこに居て、困っているんですよ

玄関先につれて行かれると、
そこには自販機横の壁に張り紙が。。。

犬に気を付けてください。噛まれた方がいます

自販機の前にラッキーの姿が!
「ラッキー~!!」
妻が嬉しさのあまり少し高めの声で、
ラッキーに近づこうとしたところ、
ラッキーは鼻にしわを寄せて、
犬歯をむき出しにして、
「ヴアゥ~」と吠えたのです。
昨日の夜ドライヤーに当てられてた穏やかな表情や、
今朝散歩に連れて行ってもらった時の優しい表情とは打って変わって、
とても険しい表情になってしまっていました。

ラッキー、何があったんや!
怖い思いしたんちゃうか?
辛い思いしたんちゃうか?


聞いたところによると、
スタッフの男性が一名、利用者の女性が一名
それぞれふくらはぎと手の平を
噛まれてしまったとのこと。
あまりに凶暴に反応したため、
自販機のすぐ横にある入口を通ることができないとの苦情があり
急きょ長机で壁を作って対応しておられました。そ
れでも不特定多数の人が訪れる場所なので、
人が目の前を通るたびに、
おびえきった表情をしていました。
完全に人間不信に陥っていました。
とにかく安心させてやらなければ。

2人でスタッフと話をしていると、
長机越しに下からラッキーが
少しずつ近づいてきてくれました。

ラッキー、大丈夫やで。
なんも悪いことせえへんで。
昨日溜め池で『頑張れ頑張れ』って言ってた声やろ?
覚えてるか?大丈夫大丈夫
あんたに絶対悪いことせえへんからな。

首を伸ばして手の匂いを嗅ぎ、顔を見つめてきたラッキー。
でもすっと遠ざかって自販機の反対側に行って
うずくまって座りました。
まるでいじけているかのように。
私が他の方と話しに行っている間に、
妻がラッキーにずっと話しかけ、
ゆっくりゆっくり近づいて、
ラッキーの心をほぐしていました。


***********以上***********


飼い主さんは
*毎日散歩道(保護されたところに近いところ)を探しに行っていた。
*警察・保健所に届け出てなかった。
*周りの人にあまり声をかけていなかった。
*チラシ作成・配布などは一切していなかった。

と、正直落ち度は満載です。

わたしが知ってから保健所の迷子情報と
一般的な迷子情報のBBSを覗いていましたが
そのBBSで此処の子らしき犬を発見したのです。

それが6日(火)の晩で
急いで飼い主さんちまで走りました。

正直、あまり焦っていない様子でした。
わたしなら泣き叫ぶ・・・前に探しまくるし
その前に外飼いはしませんしね。
(その柴♂は外飼いなのです)

その子は首輪が抜けて門を飛び出したようです。
(門の前に犬小屋があります)

とりあえず6日の段階で
該当小学校に保護されている旨伝えて
あくる日ご主人が迎えに行った、と言う経緯です。

わたしもテンパっていて思いつかなかったのですが
近場の動物病院にも連絡を入れた方がいいですね。
これは、保護主・飼い主どちらもだと思います。

迷子って、やっぱり飼い主の責任やなって
心から思いました。
反省してるから責めないで、とかいう意見もありますが
わたしは、責めているわけではなく
事前に気を付けろといいたいです。
”ウチの子にかぎって”はもう死語です。
もちろん、我が家でもかなりの対策をしています。

迷子がなくなれば殺処分の数もぐんと減ります。
そこを飼い主さんがよく理解して
終生しっかり暮らしてほしいものです。

そして、出来る限り室内飼育をお薦めします。
いまの時代、外飼いは『ダサい』ですよね。
[PR]
by machinekoism | 2012-11-08 10:14 | いぬ | Comments(2)

町内の方から連絡が&チラシ配り&プレーと返却


さっき、仕事中に電話がありました。

「野良猫のチラシ撒いてくれはって・・・」みたいな感じ。

要約すると

電話の主は餌やり場からそう遠くない
チラシ撒いたお宅。

4頭って言うてたうちの1頭ですが
どんなねこですか?って。

で、背中の茶色い子です~って言うたら
その子実はうちで餌やりしてるんです、とのこと。

わたしが言うところのマイコーでした◎

その昔、彼女(そのお宅ではホッピーちゃん)は
赤ちゃんのときに、気づかず
ご主人が車で轢いてしもたそうな。

で、足びっこ引いてるみたいで(もう気づかんくらい)
ご主人が申し訳ないからっていうので
お外で面倒見てるそうなんです。

おうちには黒猫のクロちゃんが居て
ヤキモチを妬いたから、おうちでは飼えないとのこと。
しかしながら、発泡スチロールのお家を置いたり
ごはんは朝晩きっちりやったりしてるみたいで。

どおりで、礼儀正しい猫やと思ったぜ。

で、わたしが保護予定なのはちびこだけど
教えてもらってうれしいです、ありがとうございました!って
お礼を言うてたら
「いろいろ文句言う人もいるやろうし、
 直接協力はできひんけど頑張ってね」だって。

始めてかかってきた電話でこんないい人やったっていうことで
気分がウキウキになってしまって。
仕事にも影響が出てました笑

ホッピーちゃん、あんまり来ないと思ったら
やっぱり気紛れにちょっと遊びに来てたんですね。
今度来たら名前呼んでみよー。

ちびこのことも知ってて、見たことあるよー^^って。
わたし、実はもう1週間も顔見てへんの・・。
こんなんで捕獲できるかしら。

とにもかくにも
おうちも教えてもらったので、一度ご挨拶に行こう♪



最近は、チャミケちゃんたちばっかり現れて
ちびこを見ていません。

チャミスケちゃん(♂去勢済)は
ごはん食べた後、壁に向いてじっと寒空を堪えてました。

昨晩23:00頃には三毛子だけが現れて
半分空いてたペーストだけ食べて水飲んで
道の真ん中にきれいにお座り。

じっとわたしを見てたり
「帰るわな、またあした」って言うと
車の下にもぐりに行ってました・・・が
数回振り向くんですよねー。

あんなん見てると3頭保護したくなる。
チャミスケは背中触れるし
慣れて家ねこにもなれると思うんだなあ。

あああああ。
うちのばーさんがもっとものわかりがよかったら・・。

ばーさんちは最終的にうちのお母さんに譲るって
おっちゃん(母の弟)が言うてて
↑マンション購入済
せやけどきっとお母さんはあの家要らんって言うし
(我が家の確執・・・;)

ほな、うちにちょーだいや!
猫保護には持って来いの暗い部屋もあるし←
お日さんめっちゃ当たるところもあるし♪

・・・・・
だからってはよ死んで、とは思ってませんよw

さぁ、17:00です。
ちびこはいるかな!
[PR]
by machinekoism | 2012-11-02 16:56 | 4頭の猫 | Comments(2)

京都市で飼い主の居ない猫を避妊去勢手術をして減らしていきましょう、と広報しています


by まちねこいずむ
プロフィールを見る