八幡市の野良猫 その1




知人が地元の有志と餌やりをしている
野良猫のTNRをするということで
捕獲の見学に行きました。

有志のみなさんは
京阪八幡市駅徒歩5分程度の
石清水八幡宮のふもと(公園)にて
餌やりをしています。

今回は能勢のハッピーハウスさんに依頼されました。

当日、ハッピーハウスの捕獲専門の
お兄さんが来られて
計6匹だったかしら、を2時間もかからずに
捕獲し、連れて帰ってくれました。

ハッピーハウスさんのTNRに掛る料金は
捕獲に1頭2,000円
手術は♂5,000円、♀12,000円だったと思います。

捕獲器を多い目に持って来られていたので
6頭になりました。
そのうち妊婦が2頭。

今回、事前に話をしていた八幡市市会議員の方にも
同席いただき、餌やりや野良猫の現状をみていただきました。

この方、かなり親切にメール対応もしてくださり
現状にも足を運んでくださいました。
とても頼りになる議員さんです。

わたしは初めてみるTNRの現場で
ハッピーお兄さんの素早い行動に脱帽しつつ
聞きたいことをいろいろ聞いて帰ってきました。

皆さん知っていることかもしれませんが
わたしは犬猫が”好き”なだけで無知極まりないです。
なので、
三毛猫はほとんどがメス、茶トラはほとんどがオスだとか
わたしが餌やりしてる子たちはもしかしたらどこかで
生み落とししてるかもだし、早く手術したげよーとか
経験談をいろいろしてもらいました。

その6頭のTNR代金は有志の方がお支払しています。
けっきょく八幡市では助成金とかないですし、
今後も難しい問題だと思いました。
地域の協力って絶対に必要ですしね。
ましては重要文化財に住み着くねこです。
だからって殺すわけにはいかない。


どうぶつ基金の無料のアレも
けっきょく近場に提携獣医さんがいなければ
車がないと連れていけないし
わたしも含め、そこの猫ボランティアさんたちも
車ない身分・・・難しいです。

ただやっぱり猫の去勢避妊手術っていうのは
猫の殺処分ゼロに向かう一番の近道だと思います。

どうぶつ基金のアレ
も、とてもいい制度だと思いますが
京都は提携どうぶつ病院がありません。
ぜろの会も、ハッピーハウスも
運営のため無料ではありません。

次回記しますが、京都市のまちねこ制度にしても
3か月待ちと言われましたし
本当に難しい問題です。

猫が増えてもね、全頭ちゃんと街で面倒みるならいいよ?
けどあきらかに難しい。
ねこ算っていうTシャツ
知っていますか?
めちゃくちゃかわいいけど
意味はとても重要。
凄く増えちゃうんだよ、って。

どえらいことに足を踏み入れましたが
これは人間誰しもが
正面から向き合わなければならない事実だと思います。

今後も、八幡市含め
TNRのことはどんどん書いていきたいと思っています。
[PR]
Commented by 84928 at 2012-12-16 20:49 x
自由への飛翔 ラッキーハッピー極まりない


by machinekoism | 2012-06-25 14:24 | ねこ | Comments(1)